忍者ブログ

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための副業・サイドビジネス・SOHO・在宅ワーク

PT・OT・STのための副収入・お小遣い稼ぎに特化したブログです。とある統計によると資産運用の相談件数が最も多いのは”セラピスト”とのことです。”セラピスト”って・・・私たちのことですよね!?きれいごとじゃ済まされない。リハビリテーション専門職を辞めますか?理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための副業・サイドビジネス・SOHO・在宅ワークなら当ブログで口コミ・レビュー・噂・価格を比較検討してから登録・申込をしましょう。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

動画で学ぶ関節可動域測定法 ROMナビ 増補改訂第2版 [単行本(ソフトカバー)]

動画で学ぶ関節可動域測定法 ROMナビ 増補改訂第2版 [単行本(ソフトカバー)]

商品の説明

内容紹介

整形外科医、リハビリテーション医、理学療法士、作業療法士、柔道整復師等の医療職種、福祉、行政等の関連職種を目指す人に必携の関節可動域(ROM)の測定技術を190分の映像で解説するDVD付書籍。
増補改訂第2版では、旧版の基本測定に加えて片麻痺患者さんの臨床場面での測定方法も映像で収録。
またB5判にサイズがかわった書籍には、ROM測定の基礎知識から測定のポイントをCGイラストと写真で紹介。巻末にはROM測定のPT/OT国家試験過去問題も50問収録しています。

出版社からのコメント

『ROMナビ』は、整形外科、PT、OTの方のみならず、スポーツ、トレーニング指導に関わる方にもご利用いただいております。以下、初版に対する読者コメントです。
・トレーニング指導において、関節の可動性は大きなテーマであるが、この関節可動域の測定方法を解説した本書は、治療を専門としない我々ストレングス系の指導者にも読みやすい。
・アスリートは勿論のこと、一般クライアントにおいても筋腱板の故障(四十肩)や腰痛症といった慢性的な故障に繋がる易疲労部位の可動域チェックに活用することで、特に中高年層に対してより安全性の高いエクササイズ指導やプログラムデザインを提供する際の大きな助けとなるのが、可動域測定である。この測定方法を動画で簡単に理解できる。
・1運動、1ページというシンプルなテキスト構成、CGから実写という流れのDVD構成は(トレーニング指導の)現場の人間にとっては何よりも分かりやすい。
・メディカルスタッフとの連携の中での「辞書代わり」として活用できる。
・テキストもDVDもシンプルにまとめられている点が素晴らしく、指導現場で言われるところの『KISSの法則(Keep It Simple Stupid)』を体現した良テキストといえるだろう。

動画で学ぶ関節可動域測定法 ROMナビ 増補改訂第2版

新品価格
¥3,990から
(2014/4/20 21:50時点)

リハビリテーションのブログ ~登録・購入はこちらから~ ゴニオメーター | 関節角度計 | トレーナーズバッグ | 打腱器 | 打診器 | ハンマー | トレーナーズセット | トレーナーズキット | テーピング | キネシオテーピング | テーピングシザー | コールドスプレー | 氷嚢 | バンテージ | アンダーラップ | 理学療法DVD | 理学療法書誌 | 音叉 | 医療用音叉 | 知覚計 | ディスクリミネーター | 知覚検査 | ストレッチ | ストレッチボード | ストレッチポール | ピラティス | ヨガ | 太極拳 | トランスファーボード | ナーセントシリーズ | ロホクッション | モルテン | パルスオキシメーター | 血圧計 | 物理療法 | 気泡浴 | ローズバス | 牽引療法 | ホットパック | 赤外線療法 | 紫外線療法 | メドマー | マッサージ | 携帯型心電計 | 心電図 | 人体模型 | 骨格標本 | 低周波治療器 | 医学辞書 | 医学辞典 | 電子辞書 | バランスボール | バランスディスク | バランスパッド | 徒手筋力計 | 筋力測定 | 体力測定 | 身体計測 | 体組成計 | エルゴメーター | トレッドミル | 有酸素運動 | 筋力トレーニング | 重錘 | ダンベル | 鉄アレイ | 副業 | サイドビジネス | SOHO | 在宅ワーク | 肩こり | 腰痛 | 膝痛 | ダイエット
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

ブログ内検索

推奨

当ブログには夥しい数の記事が存在します。お探し物が具体的にお決まりであれば上の【ブログ内検索】をご利用になることを推奨します。